ぶどうの通販 山梨ひらやま農園 ぶどうのページ

ご案内

桃とぶどう 山梨ひらやま農園 
 生産者という立場から、山梨ひらやま農園で生産している、ぶどうの品種と栽培面積、生育・出荷カレンダー、病虫害に対する防除、ぶどう畑の土作り、肥料のことなどについて、お伝えしています。

所在地:〒405-0024 山梨県山梨市歌田922-9
e-mail:hirayamanouen@gmail.com
 
ご注文はこちらから:http://www.momo-budou-yamanashi.jp/

 

平成23年 甲州ぶどうの防除暦

回数
散布時期
病害虫の発生状況
薬剤
調合(100L当たり)
10a当たり散布量
注意事項(100L当たり)
晩腐病対策 ? 果梗の切り残し、巻きひげの除去を行う。
カイガラムシ類対策 ? 粗皮剥ぎを行う。
1
発芽前(3月中旬から4月上旬)
越冬病菌・害虫
黒とう病・つる割病
褐斑病・晩腐病・サビダニ
カイガラムシ類
ベンレート水和剤
加用
石灰硫黄合剤
展着剤
500倍 ? 200g
20倍 ? 5L
300L 1. ブドウトラカミキリの秋防除を行わなかった場合は、2月下旬にトラカミキリ防除剤を散布する。
2. ベンレート水和剤を先に溶かしてから、石灰硫黄合剤を加用する。
2
展葉5?6枚(5月上旬から中旬) 黒とう病、うどんこ病が発生し始める。
べと病が伝染し始める。
クワコナカイガラムシの幼虫期。
コカクモンハマキ、ケムシ類の発生期。
ジマンダイセン水和剤
加用
スプラサイド水和剤
1,000倍 ? 100g

1,500倍 ? 66g
300L 生育の進んでいる園では、べと病防除の最も重要な時期であるから、散布開始が遅れないように注意する。
べと病対策として、曇雨天が続く場合は、散布間隔が開かないようにする。
3
開花直前(5月下旬) 黒とう病、うどんこ病の多発期。
べと病が発生し始める。
クワコナカイガラムシ、ハダニ類、ブドウサビダニの発生期。
オーソサイド水和剤80
加用
モスピラン水和剤
800倍 ? 125g

2,000倍 ? 50g
300L ハダニ類には、オサダン水和剤25-1,500倍(66g)を用いる。
4
落花直後(6月上旬) ジマンダイセン水和剤 1,000倍 ? 100cc うどんこ病の多い園では、トリフミン水和剤-2,000倍(50g)を用いる。
5
落花10日後(6月中旬) べと病・うどんこ病が多発する。
ハダニ類、ブドウサビダニの発生期。
晩腐病の感染期。
ハマキムシ類、トリバ類の発生が始まる。。
4-4式ボルドー液 硫酸銅400g、生石灰400g
300L うどんこ病の多い園では、マネージDF-5,000倍(20g)を用いる。
ただし、おうとう、すもも、ネクタリンの隣接園では、使用しない。
6
6月下旬 4-4式ボルドー液 硫酸銅400g、生石灰400g
350L
7
7月上旬 べと病・うどんこ病、ハダニ類、ブドウサビダニの発生が続く。
晩腐病の感染期。
4-4式ボルドー液 硫酸銅400g、生石灰400g
400L 1.クワコナカイガラムシの多い園では、スプラサイド水和剤1,500倍(66g)を単用する。ただし、ネクタリンの隣接園では、飛散に注意する。
2.ブドウスカシバには、スミチオン水和剤40-1,000倍(100g)を用いる。ただし、ネクタリン・すももの隣接園では、飛散に注意する。
3.ハダニ類には、中旬にコロマイト水和剤-2,000倍(50g)を単用する。
8
7月中、下旬
9
7月下旬 房枯病・晩腐病が発生しはじめる。
4-2式ボルドー液 硫酸銅400g、生石灰200g
400L 1.成熟期の房枯病、晩腐病果は、見つけ次第取り除く。
10
10月下旬(収穫後)から11月上旬 トラカミキリの発生期 トラサイドA乳剤
加用
展着剤
200倍 ? 500cc 300L 1.ただし、隣接園に収穫前の果樹がある場合は、飛散に注意する。
2.住宅隣接園では、トラカミキリ防除剤にかえて、モスピラン水和剤-2,000倍(50g)を用いてもよい。
3.古づるや新梢によくかかるように散布する。

平成23年 甲州ぶどうの防除暦関連ページ

平成25年 巨峰・ピオーネ・藤稔の防除暦
減農薬・完熟堆肥と草生栽培で育成した桃とぶどうをお手頃価格で日本全国へ産地直送販売している、山梨ひらやま農園のぶどうのページです。
平成24年 巨峰・ピオーネ・藤稔の防除暦
減農薬・完熟堆肥と草生栽培で育成した桃とぶどうをお手頃価格で日本全国へ産地直送販売している、山梨ひらやま農園のぶどうのページです。
平成23年 巨峰・ピオーネ・藤稔の防除暦
減農薬・完熟堆肥と草生栽培で育成した桃とぶどうをお手頃価格で日本全国へ産地直送販売している、山梨ひらやま農園のぶどうのページです。