ぶどうの通販 山梨ひらやま農園 ぶどうのページ

ご案内

桃とぶどう 山梨ひらやま農園 
 生産者という立場から、山梨ひらやま農園で生産している、ぶどうの品種と栽培面積、生育・出荷カレンダー、病虫害に対する防除、ぶどう畑の土作り、肥料のことなどについて、お伝えしています。

所在地:〒405-0024 山梨県山梨市歌田922-9
e-mail:hirayamanouen@gmail.com
 
ご注文はこちらから:http://www.momo-budou-yamanashi.jp/

 

平成25年 巨峰・ピオーネ・藤稔の防除暦

回数
散布時期
病害虫の発生状況
薬剤
調合(100L当たり)
10a当たり散布量
注意事項(100L当たり)
  晩腐病対策 - 果梗の切り残し、巻きひげの除去を行う。 カイガラムシ類対策 - 粗皮剥ぎを行う。 1.ブドウトラカミキリの秋防除を行わなかった場合は、2月下旬にトラサイドA乳剤を散布する。 2.晩腐病対策には、発芽直前にベンレートT水和剤20、ベンレート水和剤を単用で散布する。

 

3.ベンレートT水和剤を散布する場合には、石灰硫黄合剤を2週間前までに散布する。

 

4.ベンレートT水和剤20、ベンレート水和剤に代えて、トップジンMペースト3倍液を用いてもよい。

 

5. つる病には、ベンレート水和剤を用いる。
1
発芽前 (3月下旬まで) 越冬病菌・害虫 褐斑病・サビダニ類 石灰硫黄合剤(展着剤加用) 20倍 - 5L  

 

300L
2
発芽直前 越冬病菌 晩腐病・つる割病

 

黒とう病
ベンレートT水和剤20   または、

 

ベンレート水和剤

 

(展着剤加用)
200倍 - 500g

 

 

200倍 - 500g

 

300L
3
展葉5から6枚 べと病、黒とう病が発生し始める。 フタテンヒメヨコバイ、チャノキイロアザミウマが発生する。

 

アリエッティ水和剤   加用

 

マブリックEW
800倍 - 125cc  

 

8,000倍 - 12cc
300L 1.べと病防除の最も重要な時期であるから、散布開始が遅れないように注意する。   2.前年に、べと病が多かった園では、ランマンフロアブル(2,000倍-50cc)を用いてもよい。
  べと病対策として、曇雨天が続く場合は、散布間隔が開かないようにする。  
4
展葉9から10枚 (前回散布10日以内) べと病、黒とう病、クワコナカイガラムシ、アプラムシ類、フタテンヒメヨコバイ、チャノキイロアザミウマ発生期。 オーソサイド水和剤80   加用

 

モスピラン水溶剤
800倍 - 125g  

 

2,000倍 - 50g
300L すももの隣接園では、オーソサイド水和剤80は、薬害の発生する恐れがあるので、飛散に注意する。
クワコナカイガラムシの発生期。 アプロードフロアブル 1,000倍 - 100cc 必ず散布する。
5
開花直前から、2分から3分咲き (前回散布10日以内) べと病、黒とう病、クワコナカイガラムシ、チャノキイロアザミウマ、ミカンキイロアザミウマの発生期。 ジマンダイセン水和剤   加用

 

アーデント水和剤
1,000倍 - 100g  

 

1,000倍 - 100g
300L 1.ジマンダイセンでかぶれる場合は、オーソサイド水和剤80(800倍)を用いる。   2.うどんこ病の多い園では、トリフミン水和剤(2,000倍-50g)を散布する。

 

 3.べと病の発生が見られる園では、発病初期にベトファイター顆粒水和剤(2,000倍-50g)を用いる。

  4.ベトファイター顆粒水和剤は、周辺に立木類がある場合は、飛散しないように注意する。耐性菌の出現を防ぐため、連用を避け、年1回の使用とする。
灰色カビ病、うどんこ病の発生期。 加用   スイッチ顆粒水和剤

 

または、   オーシャインフロアブル

 

2,000倍 - 50g  

 

2,000倍 - 50cc
6
ジベ処理前後 (NO.5から10日以内) べと病、灰色かび病、黒とう病、うどんこ病の発生が多くなる。 晩腐病の感染期。

 

トリバ類、ハマキムシ類、チャノキイロアザミウマ発生期。

 

ハダニ類の発生期
ジマンダイセンフロアブル   加用

 

コテツフロアブル
1,000倍 - 100g  

 

2,000倍 - 50cc
300L 1.収穫60日前までに散布する。

 

  第1回ジベレリン処理 ; 晩腐病対策として、ジベ処理後ただちにロウ付きの傘かけを行う。  
7
小豆大 べと病、黒とう病、うどんこ病の発生期。 晩腐病の感染期。

 

チャノキイロアザミウマの発生期。

 

ホライズンドライフロアブル   加用

 

アドマイヤーフロアブル
2,500倍 - 40g  

 

5,000倍 - 20cc
300L 1.うどんこ病の発生しやすい園では、トリフミン水和剤(2,000倍?50g)を散布する。   2.ホライズンドライフロアブルは、おうとう・すもも・梅の隣接園では、飛散しないように注意する。
  第2回ジベレリン処理 ; 晩腐病対策として、ジベ処理後できるだけ早く傘かけ・袋かけを行う。  
  チャノキイロアザミウマ対策として、傘かけ・袋かけが遅れる場合は、アドマイヤーフロアブルを追加散布する。  
8
傘・袋かけ直後 べと病の多発期。 晩腐病の感染期

 

ブドウサビダニの発生期。

 

クビアカスカシバの発生期。
4-4式ボルドー液 または、 ICボルドー66D   加用

 

ピラニカ水和剤(収穫30日前まで)

 

40倍 - 2.5kg  

 

2,000倍 - 50g
400L 1.袋かけ園では、ダニ防除のため、この散布を棚の上からも行う。

 

2.コロマイト水和剤は、ボルドー液に混用する場合、直前混用とする。

 

3.4-4式ボルドー液には、薬液の付着を高めるため展着剤を加用する。
加用   パダンSG水溶剤

 

1,500倍 - 66g  
9
前回散布14日以内 べと病・さび病の発生が続く。 チャノキイロアザミウマ多発期。

 

クワコナカイガラムシ・クビアカスカシバ発生期。
4-4式ボルドー液   または、 ICボルドー66D   加用

 

モスピラン水溶剤

 

または、   パダンSG水溶剤
硫酸銅400g、生石灰400g

 

40倍 - 2.5kg

 

 

 

2,000倍 - 50g

 

1,500倍 - 66g
400L  
10
前回散布14日以内 べと病・さび病の発生が続く。 チャノキイロアザミウマ多発期。

 

4-4式ボルドー液 

 

または、

 

ICボルドー66D   加用

 

コテツフロアブル(収穫14日前まで)

 

硫酸銅400g、生石灰400g  

 40倍 - 2.5kg

 

 

 

4,000倍 - 25cc

 

400L 1.ボルドー液を使用する場合には、コテツフロアブルを10L以上の水に溶かしてから、ボルドー液を加用する。   2.ICボルドーを使用する場合には、コテツフロアブルを先に溶かしてから、ICボルドーを混用する。  
11
前回散布14日以内 べと病・さび病の発生が続く。 チャノキイロアザミウマ多発期。

 

4-4式ボルドー液   または、   ICボルドー66D   加用

 

アーデント水和剤(収穫7日前まで)

 

硫酸銅400g、生石灰400g

 

40倍 - 2.5kg

 

 

 

1,000倍 - 100g

 

400L 1.アーデント水和剤は、ボルドー液を混用する場合には、直前混用する。
12
収穫直後 べと病・さび病・褐斑病の発生が続く。 ブドウトラカミキリの産卵期。

 

4-4式ボルドー液   または、   ICボルドー66D   加用

 

スミチオン水和剤40

 

硫酸銅400g、生石灰400g  

 

 40倍 - 2.5kg

 

 

 

1,000倍 - 100g

 

400L 1. 隣接園に収穫前の果樹がある場合には、飛散に注意する。   2. 住宅隣接園では、トラサイドA乳剤に代えて、モスピラン水溶剤(2,000倍)を10月中旬までに用いる。

 

3. 古づるや新梢によくかかるよう散布する。
13
10月下旬から11月上旬 ブドウトラカミキリの幼虫期。 トラサイドA乳剤(展着剤加用) 200倍 - 500cc 300L

平成25年 巨峰・ピオーネ・藤稔の防除暦関連ページ

平成24年 巨峰・ピオーネ・藤稔の防除暦
減農薬・完熟堆肥と草生栽培で育成した桃とぶどうをお手頃価格で日本全国へ産地直送販売している、山梨ひらやま農園のぶどうのページです。
平成23年 巨峰・ピオーネ・藤稔の防除暦
減農薬・完熟堆肥と草生栽培で育成した桃とぶどうをお手頃価格で日本全国へ産地直送販売している、山梨ひらやま農園のぶどうのページです。
平成23年 甲州ぶどうの防除暦
減農薬・完熟堆肥と草生栽培で育成した桃とぶどうをお手頃価格で日本全国へ産地直送販売している、山梨ひらやま農園のぶどうのページです。