ぶどうの通販 山梨ひらやま農園 ぶどうのページ

ご案内

桃とぶどう 山梨ひらやま農園 
 生産者という立場から、山梨ひらやま農園で生産している、ぶどうの品種と栽培面積、生育・出荷カレンダー、病虫害に対する防除、ぶどう畑の土作り、肥料のことなどについて、お伝えしています。

所在地:〒405-0024 山梨県山梨市歌田922-9
e-mail:hirayamanouen@gmail.com
 
ご注文はこちらから:http://www.momo-budou-yamanashi.jp/

 

ぶどうの品種と栽培面積

 平成22年末現在のぶどうの生産品種及び栽培面積は、下記のとおりとなっております。
 全般的に巨峰の比率が高いので、今後5年程度で藤稔及び醸造用の甲州ぶどうの育成を図っているところです。

 

品種
説明
収穫時期
(例年)
栽培面積
(アール)
 ブドウの王様。  果汁が多く、糖度は18度程度と非常に高い。酸味が適度で上品な香りがある。紫黒色で果粉が多く美しい。
8月中旬 
20a
 透明度の高い紫黒色で光沢がある。糖度は16?21度。食味は濃厚で巨峰よりも緊まっている。
8月下旬
17a
 当園で栽培品種中、最も大粒なぶどうです。  一粒平均で18.5g、最大で25gにもなる。果肉は柔らかい感じだが繊維質が残らず食べやすい。糖度は18度程度。
8月中旬
3a
 主として醸造用(白ワイン)ですが、通な人は「これが本当の葡萄だ」と好んで食べられる人もおります。  風味良く、食べやすい。糖度は18度以上で酸味も適度、やや渋みあり。香りはほとんどない。
9月下旬
3a